アイプチでかぶれたまぶたを早く治すコツ!

アイプチでかぶれたまぶたを早く治すコツ!

1日でも早く治したい!

そう思うなら、今すぐこのサイトはブックマークして病院へ行きましょう!

でも、そうはいっても自分でできるケア方法も知っておきたいですよね。

すでに病院へ行っているなら(病院から帰ってきたら)続きをどうぞ。

ただ、1日でも早く治したいなら、病院で言われたとおりにしてくださいね。

その方が治るのが絶対的に早いですから。

焦っていじってしまったり、噂でいいと言われている「薬」とか塗ったりしてはダメですよ。

もちろん、メイクもしばらくはお休みです。

スッピンは嫌でしょうが、仕方が無いです。

でも、こんなときこそ・・・

学校や仕事は休めるなら休んだほうが良いかも。

こんなことを言うと親御さんや先生、上司(会社)に怒られそうですが、こんなときの精神的なストレスは他人には想像できないほど深刻です。

スッピンかそれに近い状態で外に出る事を考えただけでしんどくなるはずですから。

片方だけとかなら眼帯でごまかせたりするかもしれないけど両目だとどうしようもないですからね。

ついでにゆっくり体も休めることによって肌細胞も元気になって肌の治りも早いですしね。

くれぐれも、もっともらしいウソを用意することですかね。

病院の支持以外でできること

熱をもった感じがしたり、痒い場合は清潔なタオルやガーゼに保冷剤をくるんで冷やすことくらいです。

それ以外は自己流での手当てはおすすめできません。

でも、冷やすことで随分と楽になるはずですよ。

それでも自己流で治したいと思う人へ

知恵袋とかでもできれば自分で治したいと質問している人がいますね。

そりゃー薬局でも、抗生剤やステロイド剤(皮膚の炎症を抑える薬)は売っていいますが、自己流はかぶれを治すどころか悪化させてしまう場合もありますし、早く治したいのに長引かす場合もあるんですね。

中には、まぶたのかぶれをオロナインで治すとか言う人もいますけど、場所が場所です。

目元なので眼球に影響があってもいけません。

病院にいけば注意はされるかも知れませんが、きちんと治せばまたきれいな二重は作れますので躊躇せずに病院(皮膚科か眼科)に行って欲しいなと思います。

薬がいらなくなったら

薬を塗らなくて良いほどまぶたが回復したら、かぶれにくいように常にまぶたのケアをしることをおすすめします。

まぶたの皮膚はとても薄いので、すぐに傷ついちゃいます。

まぶたのケアには、二重美容液がおすすです。

二重美容液は、かぶれにくいようケアができるだけでなく、二重になりやすいまぶたにしてくれる成分もはいっていますので、使うだけで一石二鳥なんですね。

二重を邪魔する脂肪を分解する成分だったり、二重の癖が付き易いようにまぶたを柔らかくする成分だったりが入っています。

いままで、まぶたのケアをしてきていなかったのなら、これをきっかけにしっかりケアをして、綺麗な二重を維持して欲しいなぁと思います。

使っていると二重の癖が付くというメリットもありますので、使わないのは逆にもったいないかも。

まぶたのかぶれや腫れは、急速な肌の老化を招きます。

何時までも繰り返しかぶれさせていると、二重も作れないまぶたになる事もありますので、しかりケアをしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする